ブログ⑥

机を整理していたら懐かしいものが出てきた。会社員時代に参加した研修で使用したプリントが、、、

当時の私はただ資料として暗記したぐらいだったが、改めて読んで身が引き締まる思いがしました。

『部下の拒絶反応にあい、たちまち部下の仲間入りをし、上司や会社攻撃に走る若武者型の管理者よ。あなたはもっとも同情に値しない。自分が部下に好かれるに違いないというその甘さ、拒絶反応にあいたちまち部下の仲間入りするその無責任さ、部下と一緒に上を攻撃するその卑劣さ。上を攻撃するのが悪いというのではない。だが知っておくがよい。管理者とは管理者であるがゆえに批判される存在であることを。部下の攻撃の矢がふりかかり、防ぐこともできずに血を流さねばならぬことを。おそらくあなたが嘲笑の対象にしている民主的オジサンにしても、身を隠すことなく矢を受け止め、血を流しているという点で、あなたよりはるかにすぐれた存在だということを。あなたに言いたいのは、次のことだ。弓と矢を捨てなさい。部下の群れから抜け出して管理者の居場所まで出て来たまえ。次に部下に胸をさらし攻撃の矢を受けなさい。少なくとも管理者であるなら。管理職を辞する気がないのなら。矢を受け、血を流すようになってから、あなたにとって問題は始まる。』