無理・無駄・ムラのない現場

Gライン,GLINE,物流,運送,トラック,福岡,ドライバー,高収入

先週土曜日に本社ミーティングルームにて12月度の全体会議を行いました。
運行上の都合で全員が揃ったわけではありませんが、半分以上のドライバーが集まってくれました。

会議の内容は労働環境改善について、全車両に設置したドライブレコーダーの運転画像を活用してドライバー達が自分たちで会議を進行します。1年以上前から取り組んだこの会議、積極的に意見が飛び交うようになりました。入社した時は人前で話すことが苦手だった人も今ではしっかり発言出来る様になりました。
会議の最後に私が総括するのですが、その際に各ドライバーの売上と全経費が記載された収支表を配布して全員で会社の収支、経営状況を共有します。

働く上で余計な不安と不満が噴出しない様に、そして皆に経営意識をもって仕事をして欲しいという気持ちからこの取り組みを始めました。収支表が配布されるとみんな真剣な目でチェックしています。給料に関わる部分であると同時に自身が働く会社の経営状況も確認出来ますから、ドライバー達の仕事に対する意識や発言にも変化がでてきました。

Gライン,GLINE,物流,運送,トラック,福岡,ドライバー,高収入

私もサラリーマン時代は常に数字を追いかける毎日でしたが、達成した時の高揚感が、たまらなく大好きで仕事にのめり込む時期がありました。こんなことを言うと時代遅れと指摘を受けそうですが、しかし活動の過程で様々な経験も出来たことが自分の財産であり、現在経営をする上での原点となっています。

だからドライバー達にも同じ経験させたいという半ばおせっかいに近い思いで、収支表を活用して数字の会話を実践しています。全員じゃなくてもほんの数人が将来起業したいってドライバーが出てきたら凄く嬉しいことですよね。

Gラインでは自分たちで仕事量を決められる配車権をドライバーに譲渡しています。
この繁忙期も効率的に協力的に業務を遂行してくれています。
各自が経営意識をもって創り上げている「無理、無駄、ムラ」のない現場は、Gラインドライバーたちの作品です。
どうか事故がない様に2018年を締めくくってもらいたいですね。

Gライン株式会社 代表取締役 荒牧敬雄